金物の町・三条発 金属プレス工場雪止め・樋受けなど、
建築金物・屋根金具の小ロット製品の金属プレス専門工場です!
TEL 0256-45-5128お問い合わせフォーム
トップページ初めての方へスタッフ紹介設備紹介会社概要よくある質問サイトマップ

得意なプレス加工
加工形状・加工材質などを紹介します。

製品紹介
雪止め
樋受け
その他の製品

小ロットオーダー品
なぜできる!小ロット製造
小ロット品 製造事例
神社・仏閣の
特殊金物

訳あり製品直販します!



個人情報保護方針

リンク

トップページ

株式会社 内昭製作所
〒959-1104
新潟県三条市東光寺3685-5
   TEL 0256-45-5128
   FAX 0256-45-3753
   mail info@utisyo.co.jp

神社・仏閣の特殊建築金物

プレス歴45年の「内山昭三」が紹介させていただきます!

 神社・仏閣の特殊建築金物を紹介します。
 伊勢神宮の和釘作りで知られている「名匠・内山昭吾」の協力を得て、神社・仏閣・城などの特殊な建築金物を「火造り」で製造いたします。
 和釘をはじめとして、古い建築に適した建築金具の製造をおこないます。

名匠・内山昭吾の「火造り」

 内山昭吾は「火造りのうちやま」として、平成12年度の新潟県産業労働部職業能力開発課の「卓越した技能者」として県知事表彰を受けました。

 新潟県三条では、平成元年に伊勢神宮から御遷宮金具製作の依頼がありました。
 産地ぐるみで対応し、和釘を担当したのが、内山昭吾です。伊勢神宮で使用された和釘は、三条市の郷土資料館に陳列されています。
 「火造り」とは、1600度近くまで赤められた高級鋼(SK60C)を鎚で打ち、製品の形に仕上げていくものです。
 鎚を打つことで、鉄や鋼の組織を細かくし、製品の品質を高めることができますが、近年は火造りをおこなう職人は数えるほどになりました。


内山昭吾「火造り」の製品紹介

 鍛治歴50年の内山昭吾の「火造り」は、まず材料の寸法切りから始まります。「SK60C」という硬い高級鋼を使用しています。
 次に、寸法通りに切断し、プレス加工で曲げをおこないます。

 そして、いよいよ火造りの出番です。

 火床に火が入り、赤い炎の中に材料を入れていきます。

 しばらく経つと、真っ赤になった材料を取り出し、型を整えながら鎚で叩いていきます。

まさに名人芸、あっという間に和釘が誕生します。


 全国各地の神社・仏閣・城・茶室・旅館など、古い建築物の金具を手がけた内山昭吾だからできる名人芸です。

お問い合わせ・お見積もりは・・・
 
■ お探しの製品が見つからない  ■ 製品詳細が知りたい
■ お見積もり依頼など  お気軽にお問い合わせください。

実物・写真・図面を送っていただければ、お見積もりさせていだたきます(御社の製品情報などの秘密は遵守いたします)。
 

Copyright  建築金物・屋根金具のプレス専門工場 株式会社内昭和製作所 All right reserved.